美オタ。
Adversaria for the Eyes

スポンサーサイト
--.--.--.--
Categorized in  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BELLO mag #13
Fri.08.01.2010
Categorized in  FASHION > Fashion Publishing
0 comments 0 trackbacks
BELLO mag #13

Model (the cover model)
Jonathan Waud

Cover photography
Alek and Steph


BELLO mag appli
on your iPhone or iPod Touch




BELLO mag #13もiPhone/iPod Touchで閲覧okになったそうで。新年早々おめでたいことです。
動画のコンテンツもあったりと気が利いてらっしゃいます。



Photography Karl Simone | Model Ryan Taylor


Photography Karl Simone | Model Nils Butler

上の画像はweb magazine版からのものですがiPhoneやiPod Touchですと携帯してご覧になれるんですね。

いつでも・どこでも・アズユーライク
という鑑賞の仕方が次第に他の雑誌や出版メディアにも伝播していきそうです。


以下余談です

下の画像の日本語での説明部分なのですが



「このゲームのダウンロードは、17才以上の方が対象です。」の下の
「頻繁/極度 ・・・」の表現にちょっと苦笑・・・

内容について誤解を招きそうな日本語訳です
(「ゲーム」についてもアプリケーション、と言い換えた方がしっくりきそうです)
翻訳ソフトではこれぐらいが限界なのかもしれませんが
さすがに「わいせつなテーマ」はどうかと思いました


こちらのBELLO magのみならずエディトリアルって客観的に
露出度や被写体の表情を見ればけっこう際どいものがあるのは分かるのですが
裸体であったりとか局部が写っているというだけで準ポルノのような扱いにされてしまうのかなと思うと寂しいです
語弊がないよう書きますがポルノが悪いものとは思ってないです。適当な分け方に納得いかないだけで。

昨秋はとてもじゃないですが水を差すのは憚られたので書きませんでしたが
VOGUE HOMMES JAPAN VOL3のあの棒状の修正(赤と黒の)を目にした時の脱力感は
もうできれば二度と味わいたくないものです

「飲んだら乗るな 乗るなら飲むな」にかぶせるようですが
(修正を)貼るなら撮るな、もしくは載せるな、と。暴力的な意見で申し訳ないのですが正直この一言に尽きます
法律があって仕方ないのは分かるんですけども。

あの時の脱力感やその後の怒りはすでに脱しましたので
勝手ながら思い出として愚痴らせていただきました

年初からくだらないボヤキですみません;
最後になりますが今年1年がどなたにとりましてもご多幸でありますよう
ぼやきながら祈る所存でございます


Photos courtesy + via BELLO mag
関連記事


« ADONIS #3 by Scott Hoover | Home | Konrad for Subfusco Spring/Summer 2010 Photo by Isreal Rivera »

comments

post a comment

※メールアドレスは公開されません
※任意のPass(パスワード)を設定するとコメント送信後の訂正・削除が可能です
・パスワードの文字数に制限はありません
・漢字や平仮名等を含む全角文字もパスワードとして設定可能です
・大文字と小文字が区別できます



 
(Bold | Italic | Underline | Strikethrough | Text Color | Emoticons)
 管理者にのみ表示を許可する (Non-public comment)

trackback

Back to TOP

copyright © 美オタ。 all rights reserved.
まとめ
会員制エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。