美オタ。
Adversaria for the Eyes

スポンサーサイト
--.--.--.--
Categorized in  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Rick Owens & Damir Doma available at oki-ni
Mon.25.01.2010
Categorized in  FASHION > Shopping
0 comments 0 trackbacks
Rick Owens & Damir Doma available at oki-ni


Rick Owens

Now available at oki-ni.com/Brands/Rick-Owens/icat/rickowens




RICK OWENS


Damir Doma

Now available at oki-ni.com/Brands/Damir-Doma/icat/damirdoma


DAMIR DOMA


Images courtesy of oki-ni
スポンサーサイト


SJAAK HULLEKES ‘Small-town boy’ autumn/winter 2010/2011
Sat.16.01.2010
Categorized in  FASHION > 2010 F/W Men
0 comments 0 trackbacks
SJAAK HULLEKES
‘Small-town boy’
autumn/winter 2010/2011

Photography by Joost Vandebrug • joostvandebrug.com
styling / hair / make-up by Ferry van der Nat • ferryvandernat.nl
Model  Max @ Tony Jones Model Management • tonyjonesmodelmanagement.com






















SJAAK HULLEKES ‘Small-town boy’ autumn/winter 2010/2011

The latest collection of Sjaak Hullekes brings you the highlights of a metropolitan city as seen through the eyes of a man that grew up in a small town. Sjaak Hullekes wanted to give this collection all the positive and nostalgic feelings a small town can bring, to escape from the daily reality and rush of the city.

During cold days in a harsh big city, this warm-colored collection will bring you the cosiness you crave.

To give this collection its warm nostalgic touch, Sjaak Hullekes used a large range of fabrics, including silks, cottons, wools, cashmeres and even mink fur. Most of the fabrics have a soft touch, and are warm even though they are sometimes very thin or even transparent. High pile, brushed and heavy knit in combination with the fragile fabrics give this collection an exclusive look, balanced, comfortable, conscious yet sometimes naive. The fabrics provide positivity for a winter after recession, for a winter in which we can invent and explore again. The colors used are navies, dark blues, browns, various grays, whites and a bit of sophisticated orange. All the colors together will bring a sense of nature, to remind of the small-town childhood.

As Sjaak Hullekes believes in quality and passion as being the future of fashion, he commits to showing the workmanship in a garment in this collection again. It is displayed in many hand-stitched details such as collars, cuffs, flies and bindings, a collection of handmade leather belts, and of course in his typically detail-driven handwriting throughout fringed edges and French seams.

The inspiration for this collection leans on the mid 60’s and 70’s, when youth cultures were abundant and a new way of dressing emerged. Denim jackets, safari jackets, ‘Lammycoats’ made out of sheared mink, and unconstructed blazers show in their origin a nostalgic empathy for what was happening then in the big cities. Combined with the craftsmanship of the early 20th century and modern fit, comfort and detailing this collection brings together everything needed by modern man.

SJAAK|HULLEKES (Blog) • sjaakhullekes.blogspot.com

ARNHEIM Fashion Group • arnheimfashion.com



Sjaak HullekesさんよりF/W '10のプレビューをご紹介いただきました。ありがとうございます。

英語が訳せずご解説をそのまま掲載してしまいSjaak Hullekesさん他ご覧になる方にはご迷惑をおかけしています;すみません。

間違いだらけの個人的解釈ですが、岩崎宏美氏の「聖母たちのララバイ」(82年)を思い出すようなコレクションです

ご参考URL
youtube.com/watch?v=D3Gc-ITOgqU

~この都会(まち)は戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士~
ここのくだりが大好きだったりします …どうでもいいですね。


S/S '10でも感じましたが朱色が下地にあるような落ち着いた橙色や
陽の色を含んでいるように見えるピンクや小豆色などをはじめとして
明るみのある暖色にほっとするラインナップだなあと思いました。

生地の質感をそのままに、見た目にもソフトな感触の窺える言うなれば
二階堂の大分麦焼酎的慈愛にあふれたコレクション(?)。ご馳走様です。


Douglas Neitzke - Milan/Paris F/W 2010 Showcards
Wed.13.01.2010
Categorized in  MEN > Douglas Neitzke
0 comments 0 trackbacks

from Nathalie Models Show Package of Paris F/W 10 via Models.com


from Why Not Models Show Package of Milan F/W 10 via Models.com


オランダとイタリアのハーフであるというダグラスさんが美貌度をアップさせていて見とれた次第です

今後また様々に変化していかれるのでしょうが
現在の顔立ちにはお父様・お母様どちらかは存じませんが
片方のルーツであるオランダの血の片鱗が色濃く現れているように思います

そしていっこうに老けない男臭くなっていかず、
むしろ少年のような初々しさを増す彼の魅力が目覚めたオランダの血によって
少年ぽさを内包したまま少しずつ醸成されていくのかもしれないと感じました

冬の祭り(Milan F/W10: Jan 16-19 '10 / Paris F/W10: Jan 21-24 '10)でのご活躍が待たれるところです


ADONIS #3 by Scott Hoover
Sun.10.01.2010
Categorized in  FASHION > Fashion Publishing
0 comments 0 trackbacks


GET ADONIS #3 on your iPhone / iPod Touch

つい昨日BELLO magについて少し触れましたが
今回はそれより少し前からiPhone/iPod Touchアプリの分野に進出している
ADONISの最新号である第3号についてのお知らせをいただきました。

今回はScott Hoover氏が
90枚の作品をお寄せになっていらっしゃるそうです。

氏のブログを訪れてみますと
健康的にせくしーな男子を拝むことができます。
今回のissue 3では撮影の裏側を動画で拝見できるとのこと。
メイキングで2度おいしいのがいいですね。

Photos courtesy of ADONIS



BELLO mag #13
Fri.08.01.2010
Categorized in  FASHION > Fashion Publishing
0 comments 0 trackbacks
BELLO mag #13

Model (the cover model)
Jonathan Waud

Cover photography
Alek and Steph


BELLO mag appli
on your iPhone or iPod Touch




BELLO mag #13もiPhone/iPod Touchで閲覧okになったそうで。新年早々おめでたいことです。
動画のコンテンツもあったりと気が利いてらっしゃいます。



Photography Karl Simone | Model Ryan Taylor


Photography Karl Simone | Model Nils Butler

上の画像はweb magazine版からのものですがiPhoneやiPod Touchですと携帯してご覧になれるんですね。

いつでも・どこでも・アズユーライク
という鑑賞の仕方が次第に他の雑誌や出版メディアにも伝播していきそうです。


以下余談です

下の画像の日本語での説明部分なのですが



「このゲームのダウンロードは、17才以上の方が対象です。」の下の
「頻繁/極度 ・・・」の表現にちょっと苦笑・・・

内容について誤解を招きそうな日本語訳です
(「ゲーム」についてもアプリケーション、と言い換えた方がしっくりきそうです)
翻訳ソフトではこれぐらいが限界なのかもしれませんが
さすがに「わいせつなテーマ」はどうかと思いました


こちらのBELLO magのみならずエディトリアルって客観的に
露出度や被写体の表情を見ればけっこう際どいものがあるのは分かるのですが
裸体であったりとか局部が写っているというだけで準ポルノのような扱いにされてしまうのかなと思うと寂しいです
語弊がないよう書きますがポルノが悪いものとは思ってないです。適当な分け方に納得いかないだけで。

昨秋はとてもじゃないですが水を差すのは憚られたので書きませんでしたが
VOGUE HOMMES JAPAN VOL3のあの棒状の修正(赤と黒の)を目にした時の脱力感は
もうできれば二度と味わいたくないものです

「飲んだら乗るな 乗るなら飲むな」にかぶせるようですが
(修正を)貼るなら撮るな、もしくは載せるな、と。暴力的な意見で申し訳ないのですが正直この一言に尽きます
法律があって仕方ないのは分かるんですけども。

あの時の脱力感やその後の怒りはすでに脱しましたので
勝手ながら思い出として愚痴らせていただきました

年初からくだらないボヤキですみません;
最後になりますが今年1年がどなたにとりましてもご多幸でありますよう
ぼやきながら祈る所存でございます


Photos courtesy + via BELLO mag


Back to TOP

copyright © 美オタ。 all rights reserved.
まとめ
会員制エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。